乳酸菌の知られざる働きと腸内環境について

乳酸菌とは自然界に存在する細菌の総称です。

 

細菌といっても、人にとってよい働きをする菌なのです。

 

しばしば耳にするビフィズス菌もその一つです。

 

ヨーグルトやチーズなどの乳製品をはじめ、ぬか漬けなどの漬物、みそ、しょうゆなど身近な発酵食品を作る際には欠かすことができないものです。

 

味に酸味を加えたり、風味をよくしたり、腐敗や食中毒の原因となる菌の繁殖を抑えて食べ物の長期保存を可能にするなどの役目も果たしています。

 

ヨーグルト一つを取っても入っている菌の種類は様々であり、そのために期待される効果も異なるのです。

 

乳酸菌が人の身体にどのように働くのかについてはまずは整腸作用が挙げられます。

 

善玉菌と呼ばれる人体の健康に有益な働きをする菌を摂取することで、腸内環境が良好な状態に保たれるのです。

 

ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌も善玉菌です。

 

善玉菌が多いということは腸内環境が理想的であるとも言われており、その状態を長く保つことが健康を維持することに繋がります。

 

他の有益な働きとしては、菌の種類によるのですが、肌荒れの改善、便秘予防と解消、免疫力の強化、花粉症やアレルギー症状の緩和、そしてインフルエンザウイルスの感染や重症化の予防などの働きがあります。

 

乳酸菌を上手に摂取するタイミング

乳酸菌を効果的に摂取するコツは摂取するタイミングを守ることです。

 

そもそも、摂取することを心がけていても胃酸に弱いせいでお腹の中ですぐに死んでしまう菌なので上手に摂取することにしたい菌なのです。

 

食後などの胃酸が薄まっているときに摂取すると案外、効果的に摂取することができます。

 

食後すぐは胃酸も薄まっていることが多いのでちょうどいいタイミングなのですが、摂取することができた乳酸菌も死んでしまうこともなく、摂取することができるということなのです。

 

上手に吸収することができることで体に与えることができる効果もいっぱいあります。

 

効果としてはいろいろなものの、カルシウムの吸収を促してくれることにもなるのですが、とにかく、健康にはすごくいいのです。

 

お腹の中では悪玉菌の増殖を抑えることもできるし、更に善玉菌を増やし続けることができるのです。

 

なので日々摂取することを意識していることによって、健康につながってくれることになってくるものなのです。

 

お腹の中の善玉器を増やして、増殖しやすい悪玉菌を減らすことができれば、お腹の健康維持にもなるのでお腹も壊しにくくなってくれるだけではなく、消化吸収を助けてくれたりするのが大きくあるのです。

 

 

 

 

乳酸菌を上手に活用して健康的な暮らし

乳酸菌とよく耳にしますが、そう一口にいっても、その種類や特性はさまざまです。

 

一般に代謝によって乳酸を生成する細菌類のことを指します。

 

身近なところで思いつく食品は、ヨーグルト、キムチやピクルス、ザワークラウトなどの漬物類、鮒寿司などがそうです。

 

これらは、乳酸菌の働きにより、酸味の中にも複雑なうまみを感じることができて、とてもおいしいです。

 

酸味でphが酸性に傾き、腐敗を防いでくれるので、長期保存が可能になるわけです。

 

冷蔵庫などなかった時代これらの保存食は人類の生活の知恵ですね。

 

そして健康にもよいのです。

 

一番よく知られているのは、この菌がお腹の調子を整えることです。腸内の悪玉菌を抑えて、食べ物の消化吸収を助けます。

 

また体の免疫力を高めることから、インフルエンザの防御に効果的だといわれています。

 

また春先の嫌な花粉症や通年性のアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状を緩和するにも効果的に働いてくれます。

 

菌の種類もさまざまで、この症状にはこの種類というのもあります。

 

自分の症状にあった菌が入っている商品を、お店で気軽に選ぶことができます。

 

うまく利用して薬にたよることなく、普段の生活から、おいしく楽しんで健康生活を送りましょう。

 

乳酸菌サプリ